仮想通貨バブルを利用して稼ぐときの注意点

   2022/04/06

仮想通貨とは何なのか

最近では仮想通貨という言葉を耳にすることもありますが、通常の外貨と違いどの国でも使われています。
また、暗号通貨とも呼ばれ現金の代わりに使うこともできますが、値動きが非常に激しくチャートを確かめて利用することが大事です。
使用するメリットは取引がスムーズになり、海外送金をするために便利になります。仮想通貨はマイニングをしてできるものですが、数に限りがあることが特徴です。

2021年は仮想通貨のビットコインにおいて2017年12月に記録した最高値を更新し、多くの投資家から注目されています。
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で経済事情も大きく変わり、自分の力でお金を作らないと厳しい状況になりました。しかし、そのような厳しい状況の中でも多くの資産を手にする人も増え、貧富の格差が大きくなっています。

あまり期待しすぎると危険

仮想通貨は値動きが非常に激しくなり、今後はなにかのきっかけで大きく下落することが予想されます。
このため、あまり期待しすぎると危険なため、口コミや評判を確かめて資産運用をするよう心がけることが大事です。
仮想通貨といえばビットコインやイーサリアムなど多くの種類があり、それぞれの値動きも異なるためきちんと見極める必要があります。

2020年のビットコインの値動きは最初は1BTCあたり83万円でしたが3月には52万円まで下落し、その後は上がり続け12月16日には214万円になり2017年に記録した最高値を更新しました。

その後は2021年になって1月8日に422万円まで上昇し、その後は下落して23日には339万円まで下がりました。このため、今後の予測は難しく、どのようなことが起きるか考えて投資をしないといけません。

予測できないからこそ考えてみよう

生活をするためにはある程度の資金がないと厳しいですが、予測ができないからこそ考えると勉強にもなります。
仮想通貨バブルは今後は起きる可能性もありますが、失敗するとリスクが高くTwitterやlineなどで嘘の情報が流されやすく安易に信じないほうが良さそうです。
しかし、少ない資金でも価値が大きく上がれば資産を増やせるため、余裕があればかけてみるようにすると今後の人生が変わる可能性もあります。

仮想通貨バブルは一時的な熱狂によって起きますが、今後は新型コロナウイルス感染症の影響で投資家やお金の動きも変わりやすく難しいところです。このため、ある程度の知識を付けてから行い、今後の人生につながるようにする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket